ひびのこと、あたまのなかのこと


by milory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

沖縄の人との出会い

夏休みに入る前、この夏は暇だろう、と思ってバイト先の人事の人に
「毎日暇です」というメールを送ったら、本当に毎日バイトに入れられてしまった・・・
こんなにまとめて入ったのは初めてで、疲れたためブログの更新もならず。

でもこの一週間で入っていたバイトでは、沖縄の人たちに出会えて、ほんとうにほんとうに
楽しい日々でした。





以前から沖縄には興味がありました。食べ物も、自然も、そして沖縄の人たちにも。
でも行った事はなくて、触れる機会もなくて。

実際出会った沖縄の人たちは想像の100倍くらい上をいく素敵な人たちだったなー

今まで何度か、何々物産展、という名前の場で、いろいろな地域、職業の人と触れ合う機会はあったわけですが、ほんとうに、あたしにはびっくりするくらい今まで出会ったどの人たちとも
違う人たちでした。

デパートの催事に出店している人たちなので、既に顔見知りの人たちが多く、
そのせいで和やかに感じられる、というのもあるかもしれないけど、それを抜いても全体に
みんな優しく、仲間を本当に大切にしている感じでした。ゆいまーるの心、でいいんだよね?

仲間を大切にしているけれど、それ以外の、例えばバイトのあたしたちにまで親切で優しい。

そしておおらかです。笑ったのが、あたしはブルーシールと言う沖縄のアイスクリーム屋で
働いていたのだけれど、そこの店の人が、アイスをすくってお客さんに渡すときに「アイスが大きすぎる分には問題ない!」と言ったこと。そういう考え方、あたしは大好きなので、ケチケチせず
思いっきりおっきくアイス作ってやりました。さすがに大きすぎたらしく、何度か、それ大きいねえと注意されました。

島唄のライブが催されたのですが、ライブに呼ばれた歌い手の人以外に、お店の人たちが
飛びいりで参加し始め、うたっておどっていたのも幸せな光景でした。

とにかく幸せな空気が漂っていた気がしたのは気のせいかな。
最近のあたしは、細かいことなんていいじゃん、幸せに楽しく過ごそうよ、というふうに
生きているので沖縄の人たちにうまくリンクできたのかもしれません。

もちろん沖縄の人たちは日々楽しく、毎日幸せ、というわけではないはず。
沖縄の人たちが背負ってきた歴史は重く、今は生活のうえで当たり前になっていることでも
実際は昔の悲惨な歴史だったり、過去を引きずっていると思うのです。それで理不尽な思いを
することもいっぱいあると思うのです。

でも、それでもやっぱり全体に見れば、幸せの針はプラス、それもだいぶプラスの方向に
向いています。そういうところがすごいよね。尊敬できます。

毎晩毎晩催されていたらしい沖縄の人による飲み会にも参加させてもらいました。
居酒屋でボトルキープして飲むなんて初めてしたよ。もちろん泡盛。おいしかったです。

お酒を飲むときもやっぱりみんなで楽しく飲むことを大切に。だからボトルをとって、みんなでそれを飲むわけです。一人ひとりがグラスで注文する、とかそういう飲み方ではないんだね。
ついでにおまわし?一人ひとりが順番に挨拶しながらお酒を空けていく、とかいうものも
始まってしまいました。楽しかったです。

いつか沖縄に行きたいです。沖縄に行ったらもっともっとこの空気が濃く感じられるんだろうね。
いいなあ。かならず遊びに行くので、そのときはどうかよろしく。ブログ見てくれてたらコメント書いてね?はっちーにさっしー。わたしもお豆腐とかシリカ?だっけ、買いに行くから。友達にも宣伝しておくよ。泡盛がまろやかになります♪水も腐りません♪って。

沖縄の人たちとの楽しい出会いでした。短かったけど夏のとってもいい思い出。
[PR]
by milory | 2005-08-18 20:17